aizuri-337.jpg
aizuri-277.jpg
aizuri-317.jpg
aizuri-337.jpg

Ayane Kozasa


Ayane Kozasa

 

SCROLL DOWN

Ayane Kozasa


Ayane Kozasa

 

2019 New Year Concert


2019 New Year Concert


aizuri-277.jpg

AYANE & PAUL
New Year Concert

Paul+Headshot+3.jpg


Yokohama Japan

Yuka+Ishimaru%E2%92%B8Naoko+Nagasawa.jpg

With Organist Yuka Ishimaru


Kanagawa Kenmin Hall
Yokohama, Japan
January 5, 2019 at 13:30


アメリカン俳句 ヴィオラ&チェロ ポール賢司ウィアンコ
牧歌 ヴィオラ&チェロ ルトスワフスキ
オルガンソナタ第5番 オルガン メンデルスゾーン
コラール前奏曲 チェロ&オルガン J.S.バッハ 

Intermission

ファンタジア ヴィオラ&オルガン シェルド 
コラールポインティングダウンワーズ ヴィオラ&チェロ ニコ ミューリー 
イエスの永遠性への賛歌 チェロ&オルガン メシアン
トリオソナタ オルガン&ヴィオラ&チェロ J.S.バッハ


Paul Wiancko: American Haiku
Witold Lutoslawski: Bucolics
Felix Mendelssohn: Organ Sonata No. 5
J.S. Bach: Chorale Prelude III BWV 747 for Cello and Organ

Intermission

Yngve Sköld: Fantasi for Viola and Organ
Nico Muhly: Chorale Pointing Downwards
Olivier Messiaen: Louange à l'Éternité de Jesus
J.S. Bach: Organ Trio Sonata No 1 in Eb Major 1st Mvmt


About the Program

New Year Concert Japan Poster.jpg

本日は、私達の New Year Concertにお越しいただき、心より感謝申し上げます。新しい年は、いつも私達に喜びと将来への希望を与えてくれます。2019年の新年にあたり、今日は、過去の偉大な作曲家から現代の若い作曲家まで広範囲にわたる様々な形の美しいクラシック音楽を集めたプログラムをお届けしたいと思います。

プログラムの前半では、ヴィオラ、チェロ、オルガンの各楽器の素晴らしさをご紹介したいと思います。まず、ニューヨーク、ブルックリン在住のポール賢司ウィアンコ作曲の「アメリカン俳句」です。この曲は、作曲者自身の日本人としての原点についての思いを表現すると同時に、簡素な17文字、五七五という短い詩に込められた美しさへの賛歌でもあります。生き生きとした色彩と繊細さを持つ「アメリカン俳句」に続いて演奏されるルトスワフスキー作曲の「牧歌」は、5曲のポーランド民謡をもとに、独特なリズムと不協和音を伴う楽しさに溢れた曲です。次は、歴史をさらに過去に遡りメンデルスゾーン作曲の壮大な「オルガンソナタ」をお贈りいたします。冒頭の荘厳なコラールで始まり、楽章を追って展開され、最終楽章では力強い翼となって広がります。前半最後の曲は、クラシック音楽の唯一無二の作曲家、J.S.バッハ作曲のコラールをチェロとオルガンの二重奏に編曲して演奏いたします。

後半のプログラムでは全曲を、1曲としてお届けしたいと思いますので、曲の間での拍手はどうかご遠慮頂けますよう、よろしくお願いいたします。

それぞれの曲は、作曲時期が何世紀も離れていますが、続けて演奏する事で曲と曲のつながりを感じることが出来る構成になっています。前の曲の終わりが、次の曲の始まりにつながってゆくという、時間の隔たりを越えた不思議な連続性を通して、異なる人種的背景や文化を越えてゆく音楽の素晴らしさを皆様と共有出来ましたら幸せに思います。最初の曲は、北欧スウェーデンの作曲家ユングベ シェルドによる「オルガンとヴィオラのためのファンタジア」です。シェルドはオルガニストでもあり、また彼の弟がアマチュアのヴィオラ奏者でもあったため、ヴィオラの曲も多数作曲しています。幻想曲の最後の荘厳なハ長調の和音が、次のニューヨーク在住の作曲家、ニコ ミューリーが2004年に作曲した「Chorale Pointing Downwards」の開始の和音につながります。この曲ではチェロとヴィオラの2重奏による技巧と表現力の可能性に挑戦しています。この曲は基盤となる出発点の“C(ハ音)”の音に戻りながらハーモニーの間を行き来して進み、最後は空に舞い上がるようにト長調の和音で締めくくられ、プログラムは次の曲メシアン作曲の“時の終わりのための四重奏曲”第5楽章「イエスの永遠性への賛歌」へと静かに移行していきます。この曲はメシアンが第2次世界大戦でドイツ軍に捕らえられ、ドイツゲルリッツ捕虜収容所でヨハネの黙示録10章から霊感を得て作曲されました。

“もはや時は残されておらず、第七の御使いが吹こうとしているラッパの音が響くその日に神の奥義は、神がご自分のしもべである予言者たちに告げたとおりに実現する”曲は8楽章からなっていますが、特にこのチェロの5楽章では時間が止まり、人は日常から逃れて天国を見出したかのように感じます。

最後のチェロの音がまるで永遠に続くように空中に放たれた後静かに地上に戻り、バッハの祝祭風の変ホ長調のトリオソナタが始まります。

2019年が皆様にとり、明るく希望に満ちた年となりますように心よりお祈り申し上げます。

(English Translation)

Ayane&Paul.jpg

Welcome, and thank you for coming to our New Year Concert. The new year is a time of joy, of feeling new, and inspired. To celebrate the beginning of 2019, we’ve composed a program that celebrates the wide range and beautiful depth of classical music from the great masters of our past to the young composers of our future. 

Our first half celebrates the virtuosic beauty of the viola, cello, and organ. New York-based composer Paul Wiancko’s "American Haiku" is at once a reflection on the composer's Japanese American identity and an ode to the evocative concision of haiku. The vivid colors of "American Haiku" prime our ears for Witold Lutoslawski’s “Bucolics,” a playful set of 5 Polish folk songs enhanced by unique rhythms and dissonant harmonies. We go even further back in history with Mendelssohn’s Organ Sonata that highlights the majestic qualities of the organ. Opening with a dignified chorale, the piece builds through each movement, until it spreads its mighty wings in the finale. We conclude the first half with none other than the great master of classical music, Johann Sebastian Bach’s Chorale arranged for cello and organ.

We’d like to present the second half as one unique experience without applause. Though written decades and sometimes hundreds of years apart, something magical seems to happen when the ending of one piece becomes the beginning of the next. We are able to transcend time as the music becomes a bridgebetween people, cultures, and backgrounds. We open the second half with Swedish composer Yngve Sköld’s Fantasia. An organist himself, it is rumored that many of Sköld’s works involve viola because his brother was an amateur violist. The majestic C Major chord at the end of the Fantasi transforms into the opening chord of American composer Nico Muhly’s “Chorale Pointing Downwards”, a contemporary piece written just 15 years ago. The piece is a harmonic and virtuosic study of what the the viola and cello are capable of. As it travels through various harmonic progressions, the piece keeps finding itself back to its home, the note “C,” grounding it to familiarity at key moments. The piece lifts us off the ground with a final G Major chord. As though suspended in air, we float gently into “Louange a l’Eternite de Jesus” from French composer Olivier Messiaen's “Quartet for the End of Time,” a piece written while Messiaen was held captive in a prisoner-of-war camp in Gorlitz, Germany. Messiaen drew inspiration from a quote in the Book of Revelation: “In homage to the Angel of the Apocalypse, who lifts his hand toward heaven, saying, ‘There shall be time no longer.’” During “Louange a l’Eternite de Jesus” time seems to stop, allowing us to escape reality and find paradise. As the last cello note hangs eternally in the air, Bach’s celebratory Trio Sonata in E flat Major brings us back to earth and sends us into the New Year with renewed hope and joy in our hearts.


For tickets, please contact Kanagawa Arts Ticket Center at 0570-015-415 or visit www.kanagawa-arts.or.jp/tc/


Artist Bios

 小笹文音 Ayane Kozasa, Viola

小笹文音
Ayane Kozasa, Viola

 石丸由佳 Yuka Ishimaru, Organ (photo credit Naoko Nagasawa)

石丸由佳
Yuka Ishimaru, Organ
(photo credit Naoko Nagasawa)

 ポール賢司ウィアンコ Paul Kenji Wiancko, Cello

ポール賢司ウィアンコ
Paul Kenji Wiancko, Cello

aizuri-277.jpg

Viola Galore


Viola Galore

Listen Now →

Viola Galore


Viola Galore

Listen Now →

aizuri-317.jpg

2017-18 Concerts


2018-19 Dates

Learn more

2017-18 Concerts


2018-19 Dates

Learn more

The attractive Boccherini-esque melodies and sophisticated harmonies were a wonderful showcase for Kozasa’s rock-solid technique and magnetic, wide-ranging tone, which has violinistic lyricism in the upper range, cellolike gravity in the lower range, and classic viola tone in the middle.
— Philadelphia Inquirer